池松壮亮またも恋愛映画。まだ20代なのに色気半端ない

俳優の石橋静河と池松壮亮主演の映画「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の初日舞台挨拶が行われました。

独特の色気があると言われる池松さんのファンは必見!?



スポンサーリンク

映画の内容は?

「最果タヒ」の詩集が原作になっていて

看護師として安定した生活を送りながらも夜はガールズバーで働く美香と、左目が見えず工事現場で日雇い労働者として働く慎二。2017年の東京で生きずらさを抱えた若者の出会いを描いたラブストーリー。
参照元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/夜空はいつでも最高密度の青色だ

この設定から、もう恋愛として盛り上がっていきそうな予感がしますね。
どこか、不足しているというか、欠けているものが合ったっほうが恋は盛り上がると思うのです。

脚本を初稿から読んでいたと言う池松さんは

「これは傑作になるなと。素晴らしくて、初稿の段階で筆を止めてもいいんじゃないかと思った」

とコメント。

これは、期待できますね!

ラブシーンに定評のある池松さんですが、なぜ抜擢されるのでしょうか?

ほっとけない男?

「濡れ場が多い俳優」で検索すると池松壮亮の名前がたくさんヒットするほど、認知度は非情に高く、観たがっている女性が多いのではないでしょうか。

池松さんは1990年生まれの25歳。
まだまだ若いのに色気が半端ないです…!

俳優としてのスタートは10歳と早く、ミュージカル「ライオンキング」のヤングシンバ役でデビュー。
主役キャラの子供役ってすごいですね。

2014年に8本もの出演映画が公開され、「愛の渦」門脇麦さん、「海を感じる時」市川由衣さん、「紙の月」宮沢りえさんをはじめ、有名女優とラブシーンを演じます。

正直、男性だったら羨ましすぎる!!

それぞれの内容を簡単にまとめると、以下の通り。
・「愛の渦」
 池松さんはニート役。
 マンションの一室での乱交パーティーに親の仕送りまで使って参加し、門脇麦演じる女子大生に真の愛を見いだしていく。
・「海を感じる時」
 市川由衣さん演じる後輩からの愛を拒絶しつつも、肉体関係だけは保ち続けるという非情な男
・「紙の月」
 宮沢りえさん演じる銀行で働く主婦が池松さん演じる大学生と不倫関係に陥り、さらに巨額横領に手を染め人生を狂わせる。その主婦をただいたずらに相手を利用するだけの存在を演じている。

まぁ、極端なダメ男ですねww

女性からすると、ほっとけなく、似ている芸能人で言うと、お笑いの又吉直樹さの文化人ぽい独特の雰囲気にぐっと来るのではないでしょうか。

個人的には、男らしさもあって能力、才能が感じられるけど、社会人として生活していなさそうなところ、不幸そうなところが要因な気がします。

スポンサーリンク

ネットの声

・池松壮亮さんにはなんであんなに年上の女性が似合うの???彼に漂う色気は何???
・昨日A-studioに池松壮亮さん出てたんだけど、あれはモテるだろな…気怠い感じがたまんねー
・池松壮亮、かっこいいとかじゃなく、とにかくエロいなぁって思ってググったら、濡れ場俳優とまで呼ばれる人なのね。納得ー。

とにかく「色気」が半端ないという声が多かったです。

男性俳優で色気というと、色々と経験をしてきた30代以降、特にアラフォーの男性俳優さんに色気があるなぁと感じる人が多いのですが、池松さんはまだ20代…

人間歳を取っていくものです。
異性としての魅力が若さによるものだけであるのならば、20歳を過ぎてからは衰えていくのは誰にでもわかること。

色気という年齢に左右されない、年齢とともに上げていける武器を身にまとっていきたいものですね…!

お金や地位があってもモテなきゃ人生楽しくないと思います。

池松さんがどのように年齢を重ねていくのか、また俳優としての今後の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク