ゲーム世界のような空気汚染が酷い中国で超巨大空気清浄機の塔建設!

中国で空気汚染を浄化するために、塔のような巨大空気清浄機が稼働していることが明らかになりました!

(悪い意味で)発想が違うような気が…

ファイナルファンタジーの世界のような大気汚染された北京の姿は、近未来感は溢れてはいますね。


スポンサーリンク

超巨大空気清浄機


出典:todayonline.com

大気汚染が深刻な中国ですが、何と100mにも及ぶ塔のような空気清浄機が建設されています!塔の建設プロジェクトは2015年に開始。昨年2017年に完成しました。


出典:todayonline.com

建設されたのは陝西省の西安。西安は特に暖房の燃料である石炭が多く使われており、冬になると深刻な大気汚染が問題となっていました。

空気を浄化する仕組みは「汚染された空気を取り込む→太陽エネルギーで加熱→複数のフィルターを通して放出」

空気清浄機は既に動いているとのことで、1000万立法メートルの綺麗な空気を吐き出していて、数ヶ月間で都市の10平方キロメートル(約6km)の地域で大気の質の改善が確認、大気の質を著しく向上させたそうです。塔の1km先のレストランで働く人をはじめ、実際に西安に住む人々は空気の違いに気がついたと語っています。

確かに凄いとは思うのですが、大気汚染の元となっている原因を対処したほうが根本的な解決に繋がると思うのですが…笑

スポンサーリンク

ネットの反応

「この施設の稼動で公害が発生するんだろ?」

「根本的な解決目指せよw」

「これ小学生の時に考えた」

「いつ詰まって爆発するの?」

「凄まじいレベルのエネルギーと資源の無駄遣い。でも言っても工場側も家庭も守らないし官憲も賄賂で動かないからね。仕方ないね。」

やはり派手なだけで根本的解決をすべきという声が多かったです笑

ただ、経済維持や発展のために改善が難しい事情もあるのでしょう。

スポンサーリンク

もはやゲームの世界!中国のスモッグ

コチラを御覧ください。


出典:japanese.china.org.cn

…ゲーム?最近のゲームはリアルすぎるなぁ…

いいえ、違います。中国の首都北京で取られた写真なのです…!!

巨大空気清浄機を建設するに至ったのも分かります!いや、何故こうなるまで何の対策も行わなかった!?

原因は「PM2.5」と呼ばれる大気中に浮遊する2.5μm(μm=1/1000mm)以下の粒子によるものです。

PM10以下になると人体への悪影響が大きくなり、呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられています。

…どう見ても人体に悪影響があるようにしか見えませんもんね。怖すぎです!

日本への影響はないかというとそんなことはありません。


出典:gov-online.go.jp

ご存じの方も多いかと思いますが、「黄砂」と呼ばれる砂嵐が中国から日本へまってきます。

止めてくれって感じです!!

空気清浄機の塔は成果も出ていてそれはそれで良いと思います。

しかし、自国の問題だけでなく他国にも悪影響を及ぼしているので、根本的な解決を行ってほしいものですね。

スポンサーリンク