ドラム式洗濯機に男児が閉じ込められ死亡。過去にも同様の事故が…


ドラム式洗濯機の中で意識のない状態の男の子(5)で発見され死亡した事故がありました。

過去にも同様の事故があり、誰が悪いか意見が飛び交い大きな波紋を呼びました…

ただただ悲しい事故です。


スポンサーリンク

事故の概要

27日午後3時ごろ、堺市堺区の住宅で、会社員の男性(32)から「子どもが洗濯機の中に入っていて意識がない」と119番があった。男児(5)が心肺停止の状態で救急搬送され、病院で間もなく死亡が確認された。目立った外傷はなく、大阪府警堺署は、男児がドラム式洗濯機の中に自分で入った後、扉が閉まって出られなくなり、中で窒息した可能性があるとみている。
引用:毎日新聞

警察によるとドラム式洗濯機の大きさは縦100cm・横70cm・幅60cmとのこと。開閉する扉は全面にあり、閉めると中からは開けることができない作りだそうです。

事故の起こった状況は次の通りだったとのこと。

男児は両親と3人暮らし。27日は母親が外出後、父親と昼食をとり昼寝をしていた。父親が目を覚ますと姿が見えず、捜したところ洗面所にある洗濯機の中でぐったりしていた。扉は閉まっていたという。
出典:毎日新聞

お子さんは興味本位に入ってしまったかもしれませんが、ご両親のお気持ちを考えると胸が苦しくなる痛ましい事故ですね。

過去にも同様の事故はあった

2015年にも同様の事故が発生していて波紋を呼びました。

東京都青梅市の男児(7)が今月、ドラム式洗濯乾燥機に閉じ込められて死亡していたことが26日までに、警視庁などへの取材で分かった。男児は誤って中に入り、出られなくなったとみられる。

警視庁などによると、8日未明、青梅市の女性から「息子が洗濯機の中に入っていた」と通報があった。救急隊が到着時、男児は心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。
出典:日本経済新聞

この際にネット上では様々な意見が飛び交いました。

メーカーを非難する声

お子さんを亡くされたご両親の気持ちを考えれば…という意見も人情として理解できるところですね。

親を非難する声

コチラもごもっともな意見だと思いますが、小さい子供は好奇心旺盛で何度注意しても言うことを聞かない、ということはあるので厳しい意見だと感じます。

スポンサーリンク

チャイルドロック機能という閉じ込め防止機能

メーカー側もこの件について対策済みのドラム式洗濯機があります。「チャイルドロック」という閉じ込め防止の機能を搭載しています。


出典:youtube

閉じ込め防止機能については02:00から。これを見る限り、もし小さい子供が閉じ込められても抜け出すことが出来るように見えます。

ネットの反応

ひとえに悲しいという声が多くありました。

今回の洗濯機にチャイルドロック機能があったかは分かっていませんが、メーカーも閉じ込めに関しては対策を講じています。

もう後は子供が入れない作りの洗濯機を使用するか、キチンと言い聞かせたり注意するしかないのかもしれません。

スポンサーリンク