拷問のメジャーな疑問をゆるめにまとめてみた


あなたは拷問と聞いて何を想像しますか?

牛のアレでしょうか?
どんな種類があるか知っていますか?
拷問の夢を見た時の心理状態知っていますか?


スポンサーリンク

みんな大好き?牛の拷問


出典:tes

拷問といえばコレを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

名称は「ファラリスの雄牛」と言い、雄牛をかたどった金属で出来ています。

正確に言えば拷問ではなく処刑です。

処刑方法は、処刑者を雄牛のオブジェへに閉じ込めて炎で炙る、というシンプルなもの。

時間とともに、皮膚がただれ、水分が奪われていき、最終的に干からびた状態になるそうです。

この処刑器具の悪趣味だなぁと思うところは、雄牛の中に管が設けられていて、処刑者が息をするために咥えるのですが、苦痛で叫ぶ声が怒った雄牛のような声だそうですw

作成者は性格絶対歪んでますねw

スポンサーリンク

拷問の方法、種類

拷問の歴史は古代ギリシャローマ時代からで方法も数多くあります。

暴行 – 肉体の一部・全体・内外を破壊損傷させる。
拘束 – 肉体の一部または全体の自由を奪うことで苦痛を与える。
特に痛覚に重きを置いた暴行 – 電気ショックなど
虫責め – 裸にして拘束し、身体に蜜などを塗り野外に放置し、虫などに襲わせる
くすぐり – 抵抗できない様に手足を縛り、笑いすぎて窒息するまでくすぐる
百刻み – 酒で酔わせ痛覚を鈍らせた上で、身体のあちこちの肉を削いで行く
生理現象の制限 – 睡眠、食事、排せつなどを制限する
脅迫 – 脅迫によって不安を与える
侮辱行為 – 公衆の面前で曝しものにする、穢れや宗教的な冒涜を強いるなど
性的虐待 – 強姦など
拷問具 – 処刑具をかねるものもある。また複合的な効果をもたらすものもあった
出典:wiki

見ているだけで鳥肌が立ってきますねww

くすぐりは嘘のような本当にあった拷問です。


出典:zwingliusredivivus.wordpress.com

「スペイン式くすぐり器」という名で知られ、猫の尻尾や馬の尻尾の毛を切り取って器具にしたもので、対象者を器具で固定しひたすらくすぐり続ける。
出典:歴ログ -世界史専門ブログ-

他の拷問に比べたら大分マシに感じるのは気のせいでしょうwww

拷問の夢を見る時の心理状態


夢というものは現実に実現することが出来ない抑圧された感情で、拷問の場合は痛み、サドマゾヒズムを表すそうです。

自身が拷問を受けている夢を見た場合は、何らかの関係や状況で苦痛、無力感を感じていていることを示しているそうです。

逆にあなたが拷問をしている夢を見た場合は、自分自身の悪習慣を罰することを示していて、自身の至らなさを他人になすりつけている状況を表しているそうです。

そもそも拷問とは何らかの情報を自白させるために行うのですが、そのために沢山の種類があったりするのは人間の変態性を表しているのかもしれませんねw

スポンサーリンク