本田圭佑が日本でプレーするかも!?今後の行方は?

今季限りでのACミラン退団が確実な日本代表の本田圭佑(30)がJリーグに復帰するかもしれないと、話題になっています!


スポンサーリンク

実現すれば10年ぶり

ACミラン関係者がスポーツ報知の取材に対し「Jに行く可能性がある」と話していて、候補としてはヴィッセル神戸、サガン鳥栖が挙がっているようです!

本田選手は2008年名古屋からオランダ1部のVVVフェロンへ海外へ移ってから、約10年経ちます。

ACミランでは出場機会も減っており、今季開幕から7か月から経過した段階で95分間しかプレーしておらず、日本代表でのパフォーマンスの低下にもつながっているのでは?とされています。

現日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ監督も「本来なら(クラブで出ていない選手は)外さなければならない」と話していて、出場機会のあるチームへの移籍を勧めています。

一方ネット上の声は?

・試合に出る事でコンディションを上げていけると思うのでリーグの終わる欧州から、シーズン真っ只中のJリーグに来る事は、彼の選手キャリアを考えたらプラス
・本田圭佑にとっては、人生の岐路
・プライドの高い本田がJに戻ってくるかは疑問
・まだ海外でやってほしい

と、様々なコメントがありますが…先が読めませんね笑

というのも、本田選手にはもう1つの顔があるからです。

経営者本田圭佑

本田さんは現在、なんと、2つのサッカースクール、会社を経営しているのです!

これはご存じない方のほうが多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

SOLTILO FC


SOLTILO FC」という名のサッカースクールを2012年からスタート!

主に小学生を対象としたものから始まり、現在では日本最大級のサッカースクールを運営する経営者になっています。

SOLTILOの想いとして

「サッカーを通じて、夢を持つことの大切さを伝えたい。
夢は人を大きくする。夢は人を強くする
本田圭佑は幼い頃から夢を追いかけ、今も尚その夢の実現に向けて、尽力しています。」
参照元URL:http://soltilo.com/soltilo%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

とあり、内容もとても充実しています。

カリキュラムは、本田選手をはじめ、経験豊富な指導者、世界で活躍するトレーナーなどからの多くの意見を参考に子どもたちの年代に合ったものが組まれていています。

特に本田選手が育成時代に必要な3つの要素が育まれるように考えられているみたいです。

・何度失敗してもチャレンジする姿勢
・試合を想定した速さ(プレースピード)を追求していく
・細かいボールタッチとステップワークを身につける

特に、何度でもチャレンジする姿勢、というのは本田選手の本質的な部分を表していると思います!

最終的にはオーストリア2部のSVホルンまで組織内でステップアップしていける仕組みになっていて、最終的には海外でやってみたい!と考えている人にとってはとても良い環境なのではないでしょうか?

SVホルン

2015年6月より本田のマネジメント事務所である「HONDA ESTILO株式会社」がSVホルンの経営に参入しています。

サッカースクールのSVホルンまでのステップアップの仕組みは、このような裏付けがあったからなんですね。

欧州では下部リーグであってもトップチームにスカウトされるチャンスがあって、そのために若くして欧州でプレーする選手を増やしたいという意図があるみたいです。

どこを主軸に活動していくのか

ということで、本田さんには様々な顔があって、正直今後どこへ移籍して選手としてやっていくかなど分かりません。

私個人としては、経営や育成のほうへシフトしていったほうが良いのではと思います。

しかし、まだ30歳なので若くはありませんが、まだまだ選手としての本田圭佑のプレーを見たい!という人もいるでしょうし、今後の行方がどうなるのか目が離せませんね!

スポンサーリンク