フジテレビ赤字視聴率低下は納得の理由!韓国偏向、嫌なら見るなブーメラン

フジテレビがキー局の中で唯一赤字となってしまい話題になっています!

調べていくと、そりゃ視聴率低迷で赤字にならないほうが可笑しいという驚愕の出来事が…

それでも、なぜ社員の給料は高いのか理由も明らかに!


スポンサーリンク

フジテレビがキー局の中で唯一の赤字に!


出典:ddaily.co.kr

フジテレビの2017年の4月から9月決算が他のキー局の中で唯一赤字となってしまいました!

ここ数年の売上の推移は以下の通り。

2012年:1642億
2013年:1610億
2014年:1569億
2015年:1466億
2016年:1441億
2017年:1272億

じわじわと下がり続け、5年間で400億近くも売上が下がっていますね!

2017年の営業損失は約5億円にもなってしまいました。

原因としては、視聴率低下に伴い今まで広告のために多額の投資をしていた広告主が抑えるようになったためです。

そして、番組の放送枠を販売するタイム広告、番組の合間に放送するスポット広告(化粧品、トイレタリー、清涼飲料水、食品など)と全体的に減ってしまいました。

経営、大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

「本当に見なくなった」

「フジテレビ自体がイジメで笑いを取ろうとするような不快な番組作りをしてるからね 」

「嫌なら見るなだっけw」

「在日の実態に気付かせてくれてありがとう」

「テレ東の方が面白い。」

「めちゃイケ おかげでした これ無くなるからフジのバラエティは完全撤退なんだろな 」

ほとんどが、フジテレビに対するネガティブな声で、寂しい残念とい声はほとんどありませんでした。

そして、これらの声を象徴するような信じられない放送や出来事があったのです…!

スポンサーリンク

視聴率が下がった、視聴者が観なくなった原因

JAP18問題


出典:livedoor.blogimg.jp

大きく目立つように「JAP18」と書かれた雑誌がゴミ箱に入れられています。

フジテレビのドラマ「それでも、生きてゆく」で小道具として架空の週刊誌「MONDAY」の画像なのです。

「JAP」は英語で日本を侮蔑する差別用語です。

ふざけるな!って感じですよね。

18」も韓国で放送禁止用語の「シッパル」に関連しているのではないかと言われています。

スポンサーリンク

原爆名Tシャツ問題


出典:The Point At Issue

またもフジテレビのドラマですが「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」で前田敦子が着用していたTシャツの文字「LITTLE BOY」。

これは広島に投下された原爆の名前と一致しているのです!!

しかも、放送日は8月7日、原爆が投下された日は8月6日とほとんど一緒…

もうこれは明らかに狙ったものだ!と、非難するメールや電話がフジテレビへ殺到したそうです。

スポンサーリンク

そしてフジテレビ抗議デモへ


出典:wikipedia

このような出来事や、俳優の高岡蒼甫がtwitter上でフジテレビの番組が韓国へ偏重していると批判したことで、2011年に日本では珍しい大々的なデモ行動が行われました。

初回の公式デモは8月21日に行われましたが、日本国内のTV局では一切放送されず、国内の週刊誌や韓国、アメリカのメディアでは取り扱われる形に。

9月17日にデモはインターネット動画サイトニコニコ動画の生放送では約12万人が視聴と多くの関心を集めました。

嫌なら見るな元ネタ主にブーメラン


出典:斜め上からこんにちは

フジテレビ批判でよく「嫌なら見るな」と出てきますが、元ネタはお笑いコンビナインティナインの岡村隆史

フジテレビの批判デモのキッカケになった高岡蒼甫が所属事務所に解雇されたことに対して自身のラジオで以下のように発言したことが元ネタ。

「見いひんのやったら、見いひんかったらええのよ。ただそれだけのことやのに、それをなんでみんなに言う必要があんのやろなって思ってまうのよね」

2018年3月でフジテレビの人気番組「めちゃめちゃイケてるッ!」の終了視聴率低下が理由とされていますが、皮肉にもメインで活躍してる岡村隆史にそのまま「嫌なら見るな」ブーメランになってしまいましたねw

スポンサーリンク

それでも社員の給料は高い!


出典:ネタりか

これだけ、業績が下がっているにも関わらず、フジテレビの社員の給料は世間一般人の給料よりも遥かに高いものとなっています!

フジテレビ社員の平均年収
2016年:1485万円
2015年:1430万円
2014年:1447万円
2013年:1506万円
2012年:1479万円

少なくとも世間の2倍以上はあるのではないでしょうか!?

理由としては…

1.親会社のフジ・メディア・ホールディングスの不動産事業が好調
2017年の売上高が513億、営業利益が103億、全社ほとんどの利益を全て不動産事業があげていて、子会社のフジテレビの赤字を埋めることができます。

2.単純に労働時間が長く残業代で稼いでしまう
言わずもがな、TV局は長時間労働で知られていますよね?

番組の制作で深夜遅くまで働くことが多くそれだけ手当などで稼げてしまいます。

3.社員数が少なく、番組制作は下請けへ投げている
売上が減ってきているとはいえ、かなりの額です。

それに加えて、社員数は1000人程度なのでそれだ1人あたりお金が分配できます。

さらに、制作は多数の制作会社に投げていますので、ピラミッドのように上の元請けはたくさん儲けられて、下は差し引かれた中でやりくりするしかない仕組みになっています。

憎たらしいような羨ましいような話ですね!

社員の能力も高いでしょうし、それだけ働いているでしょうから何とも言えない感じはあります。

ここから挽回するには視聴者の声も少しは取り入れて改善していく必要があるのではないでしょうか?