横浜市鶴見区で6棟が燃える火事。1人の遺体が発見される。

神奈川県横浜市鶴見区で民家6棟が燃える火事が発生しました。

事故の概要

警察によると、7日午前2時40分ごろ、横浜市鶴見区の平屋の民家から「火が見える」と、近所の住民から110番通報があった。消防車など21台が駆け付け消火にあたり、およそ1時間半後に鎮火したが、この民家が全焼したほか、隣接する木造家屋やアパートなど5棟が焼けた。
引用:0テレNEWS24

火事の怖い所はこうして付近の住宅に燃え広がっていくところですよね…

焼け跡となった民家からは1人の遺体が発見。警察によると、この家で1人暮らしをしていた女性(89)の可能性が高いとして身元確認と出火原因を調べていくとのこと。

スポンサーリンク

事故の場所は?

神奈川県横浜市鶴見区生麦3丁目。

この付近の可能性が高いでしょう。

ネットの反応

高齢者の一人暮らしは怖い。
ご本人もそうでしょうけど、周りの住人も怖いと思っています。
ご家族と一緒に住めない事情はあると思うけど、老人ホームが無理ならグループホーム?とか、とにかく高齢者で一人暮らしの集合住宅が増えれば少しは安心なのかな?
昭和の時代を必死で生き抜いてきた大先輩方が孤独死とか、そんな悲しいことにならないように、最後は「この世に生まれて幸せだった」と思いながら旅立っていただきたいですね。
引用:YAHOO!ニュース

スポンサーリンク