【要約】成功者が密かに行っている 究極の読書法【鴨頭嘉人】

【成功者が密かに行っている】究極の読書法

講演家の鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)さんのYouTube紹介記事です。

スピーチ内容の要所を時間毎に洗い出して、情報を得やすくしています。
※そのためネタバレありです。

こんな人にオススメとなっています!!

・豊かな語彙力を身に着けたい人
・ビジネスを成功させたい人
・本から効率的に重要なポイントを得たい人

スポンサーリンク

時間毎の要約

0:00~読書は思考力を鍛えられる

日本人の月間読書率は0.67冊日。

本を読まなくて成功した人はいない。歴史的な人物を見てもそう。

創業者は学歴がない人が多い。恐らくコンプレックスがバネになっている。

語彙力、言葉の数を増やしたい人は読書。人間の会話で出てくる言葉の数なんてたかが知れてる。言葉の数が多いジャンルは小説。ビジネス書でもOK思考力を鍛えたかったら読書。

小さい子供には勉強より読書が良い。小さい子供は母親に認めてもらいたいから、母親が楽しそうにやっていることをやるので、母親が楽しそうに本を読む、読み聞かせると良い。

6:45~本の読み方

【成功者が密かに行っている】究極の読書法

start 6:45~

鴨さんは速読ができる。

鴨さんは以下の3点を頭の中で意識しながら読んでいる。

・読まない所

・高速チェック

・熟読する所

パッパパッと読み進める、あーここいらないな⇨?!ここはってところは高速で読む⇨マーカーを引く⇨切り取って保管する⇨元の本は処分
※このノウハウは半年60万の一部とのこと

著者の人がどうしても持って帰ってもらいたいと思っているコアメッセージは、4-7%

5-10ページくらいしか残らないとこのと。他は捕捉情報。

イメージとしてはクラウドに入れてる感じ。

マーカー入れて⇨カッターで切ってという作業がクラウドへ入れる作業。

どんな本を読んだら良いか⇨興味がある本

全てをキッチリ読まなくても良い。

自己啓発的な本はエピソードが大事。

本の価格が1500円として1ページでも自分の人生を変えてくれるのであれば物凄くリーズナブル

読まなければその1ページに出会えない

本は多読した方が良い。

自分の経験を踏まえての所感

速読の詳細ノウハウについては語っていませんが、大事なポイントを踏まえてビジネス書など読むと効率が良さそうです。

私は紙を取り扱う部門の品質保証の経験があるのですが、電子媒体と比べて明らかにメリットだなと実感する点があります。

それは、目から読み取った情報の脳への浸透性です

同じ情報でもスマホやPCよりも紙や本から得たほうが頭に入ってきます。

鴨頭さんのいう速読も紙媒体のほうがやりやすそうです。

また、別な動画でも話されていますが、本は出版社を通して著者を明らかにして出していますので、インターネットのどこぞの書いた情報より段違いで信頼性があります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました