【要約】人生つまらない…の原因は?楽しくない人生を楽しくする方法【鴨頭嘉人】

人生つまらない…の原因は?楽しくない人生を楽しくする方法

講演家の鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)さんのYouTube紹介記事です。

スピーチ内容の要所を時間毎に洗い出して、情報を得やすくしています。
※そのためネタバレありです。

この動画はこんな人にオススメとなっています!!

・本当の働き方改革って?
・人生,日々の生活に刺激がほしい人
・今のテクノロジー時代の生き方のヒントを知りたい人
スポンサーリンク

時間毎の要約

0:00~政府の言う働き方改革はおかしい!

あんなの働き方改革じゃない。

休日を増やそう。残業を増やそう。

働く時間を減らせば幸せになると政府は思っている。ふざけるな!

働いている時間幸せ、充実させることじゃないのか!?

じゃあ、変えられるのは?

自分。一人ひとりだ!

自分が稼ぎたいと思って働いてもいいし、誰かのために働いてもいい、お世話になった人のために働いてもいい。

決めているのは自分。

そのことを知っているか知らないか。

テクノロジーが爆発したことによって選択肢が増えて人によっては選び放題、職業やり放題になってる。

そんな状況なのに働きたくないと言っている人もいる。

そんな人は働かなくてつつましく生きていけば良い。

ちゃんと国民が死なないような仕組みがあるじゃないですか。傲慢じゃないですか?

と、YouTubeなどで発信していると、とある苦情が来ました。

6:22~シリコンバレーからやってきた男!

人生つまらない…の原因は?楽しくない人生を楽しくする方法

start 6:22~

鴨頭さんがロサンゼルス公演が決まった。そのYouTubeをシリコンバレーの男が観て

シリコンバレーの男はこう思ったそうです。

「世界の未来のことを希望のメッセージを発信している。最先端の例を挙げているが一次情報に触れていない。まだ知識の段階で体験の段階に来ていない。そうだ…!」

鴨頭さん主催の公演にその男はシリコンバレーからはるばる日本へノーアポでやってきました。

そして、その場でプレゼン!

鴨頭さんはじめ社員、家族はシリコンバレーへ。

スポンサーリンク

10:20~刺激しかなかった!

人生つまらない…の原因は?楽しくない人生を楽しくする方法

start 10:20~

変化したかったら刺激を受けるしかない!

海外へ行かなくても日本でもOK

インプットとアウトプットが揃う一貫性が人間にはある。

いつも同じ通勤路、会社、業務、いつもと同じ人と飲む、同じ生活習慣ではアウトプットが変わらない一貫性を保つ。

ではどうすれば良いか?通勤路を変えても会う人を変えても飲まなくなるようにしても良い。

自分の生活パターンを変えれば会う人も変わる。

シリコンバレーでGAFAを全部体験してきた。
※Google,Amazon,Apple,Facebookの総称

鴨頭さんは新しい世界を作る人達を心から尊敬しているとのこと。

私達に希望や豊かさや与えてくれる存在。

恐怖の対象と思ったことはない。新しい変化を伴うものを忌み嫌うのであればスマホを持つな。矛盾している。

しょぼくれたおじさんがキラキラした若者を悪く言うな。

新しいマーケットを楽しもう!

それこそが豊かな時代に生まれた私達の生きる楽しみ方。

鴨頭嘉人GAFA体験動画

Amazon Goで持ち逃げしてみた

Amazon Goで持ち逃げしてみた

未来の小売店の姿が見れて最高です!

動きが泥棒みたいでメッチャ笑えます。

店員さんも笑ってます笑

Uberで配車してみた

Uberで配車してみた

一般車がタクシーみたく眼の前に来てくれる体験は斬新ですね…

自分の経験を踏まえての所感

働いている時間を楽しい!充実している!となることが働き方改革だと本質的なことを話していると思いました。

鴨頭さんのスゴイところはこの年齢にして若いビジネスマン以上の情報感度を持って情報発信していることろだと思います。

そのへんのオッサンでこんな人中々いません笑

テクノロジーの話が出ていますが、私の実感として、古い体質のテクノロジー導入は上がIT音痴なので中々難しいかと思います。

例えばAmazonは既存の本屋から出てきていませんよね?それは旧体質を変えてもっていくより、外部から新しく組織し壊していったほうが早いからです。


歳と共に刺激が少なくなっていきます。人生もいつしか輝きを失っていきます。

常に変化する生き方は大変ですが、大変が故に刺激に満ち溢れ、楽しい人生なはずです。

そんなことを感じさせてくれる動画です。

アナタも今から、明日から生活に変化を取り入れてみませんか?

新しいテクノロジーに触れてみませんか?

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました