NHKがスマホからも受信料徴収を検討。ヤク◯よりもたちが悪いと怒りの声


2019年、NHKがヤク◯よりも理不尽なカツアゲを国民から行おうとしていて疑問や、怒りの声で溢れています。。


スポンサーリンク

NHKの不公平な受信料徴収に波紋

NHKは2020年の東京オリンピックに向けて2019年からインターネット上にも番組を放送を開始します。

それに伴って、従来通りのテレビを持っていなくても、スマートフォンなどインターネットに接続できる端末を持っている人からも受信料の徴収を検討しているということです。

これにより様々なところで波紋を呼んでいます!

メディア情報法を専門としている立教大学服部孝章名誉教授は以下のようにコメント。

「そもそも現状の受信料自体も、ちゃんと納得して支払っている国民は少ない。負担の公平性について根本から議論することをなおざりにしたまま、性急に導入するのは考えもの」

確かに、常にNHKを観ているわけではありませんし、全く観ていない人からテレビ自体持っていない人まで様々で全く公平とは言えませんね。

ネットの反応は荒れています。

・やりたい放題

・テレビが無くても? もう意味わからん

・おいおい、ヤクザでもこんな阿漕な取り立てはせんぞ

・ほんとこれふざけてるわ なめんのもいい加減にしろよ

・胡坐かいてても金が入ってくるシステムのNHK

皆の怒りの根源的な理由は、観ていないのに受信料を取られるという理不尽さですね!

スポンサーリンク

Netflix (ネットフリックス)やAmazonビデオをはじめ、インターネット上の映像配信サービスは自身が納得して料金を支払うことが主流で、人々の感覚ともズレにズレています!

これをスクランブル化と呼ぶのですが、なぜそうしないのかというNHKの回答はこちら。

NHKは、広く視聴者に負担していただく受信料を財源とする公共放送として、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割を担っています。

スクランブルをかけ、受信料を支払わない方に放送番組を視聴できないようにするという方法は一見合理的に見えるが、NHKが担っている役割と矛盾するため、公共放送としては問題があると考えます。

出典:NHK

電気ガス水道などの公共サービスは料金を支払わなくても分け隔てなく利用できますか?利用できませんよね?

TVの情報より、受信料を支払わなくても視聴できるNHKよりも、電気ガス水道を利用できるようになってほしいですよね?

災害情報などは国営で行えばよいかと思います。

NHKは国営放送局だと思われている方が多いようですがそうではなく、日本の公共放送を担う事業者、特殊法人なのです。

そもそも、国営であれば税金から徴収されているべきですよね。

NHKは受信料から成り立っているのです。

是非とも国民が納得のいく上で事業を行っていってほしいと思います。

スポンサーリンク