【厳禁】NHK集金者を「〇〇」と言うだけで受信料払わないでOK


NHKの放送を受信できる機器を持っていて放送を観ている方は必ず受信料を支払ってください

そうでない方だけ続きをお読みください


スポンサーリンク

受信料を払わない≠犯罪

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】
第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
出典:受信料の窓口

上記のように放送法というものがあって、契約の義務はあるのですが、罰則はどこにも記載されていません

従って警察も介入できず罪にはならないそうです。

スポンサーリンク

「お帰りください」

NHKの集金人が来た際には、次のように言い続けるだけで大丈夫です。

「お帰りください。」

これだけです。

もしくは、これ以外に言っても良い言葉は「契約しません。」「支払いません。」だけです。

なぜか?

それは刑法130条後段の不退去罪という規定に引っかかってしまうからです。

不退去罪(ふたいきょざい)は、刑法に規定された犯罪類型の一つであり、要求を受けたにもかかわらず人の住居等から退去しないことを内容とする。真正不作為犯である。

他人の住居、建造物、艦船に、適法に又は過失によって立ち入ったのち、要求を受けたにもかかわらず退去しなかった場合に成立する

ただし、退去を要求されたからといって即座に不退去罪の既遂となるわけではなく、所持品を整理して持つとか、衣類を着用して靴を履くなど退去に要する合理的な時間を超えて故意に退去しなかった場合に成立する

また、住人や管理人が退去してほしいと思っていても、明示的な退去要求がなければ本罪は成立しない

出典:wikipedia

これを破った場合には3年以下の懲役または10万円以下の罰金が科せられます。

考えてもみてください。

勝手にあなたの家に見ず知らずの人が来て、勝手にあなたの家に居座って拘束するわけです。

どう考えてもおかしいですよね?

実際にこの対応で集金人が「これ以上ここにいると不退去罪になるので帰ります」と言って帰ったという事例もあるそうです。

NHKの集金人は相手が法律をちゃんと知っているかどうか、あなたが言ってしまえばチョロそうかどうかを見ているのです。

スポンサーリンク

集金人と会話しない

あなたが集金人と話をしようがするまいがあなたの自由なのです。

しかし、テレビがあるのに「テレビがないんです!」と言ったり、自分が家主であるのに「自分はここの家ではないんです!」というような嘘を言ってしまうと、逮捕されることはないようですが詐欺罪に当たるようです。
(お金を支払わなければならないのに、嘘をついて免れているということで。

また、話をしてしまってはあなたの意思で集金人と同意の上で話をしてしまっているということになり「お帰りください。」と言っても集金人は帰ってくれなくなるでしょう。

スポンサーリンク

最後に

筆者は法律の専門家ではありませんし、法改正されれば強制収集されるということがありえます。

NHKを観ているのにお金を支払っていない状態は可笑しいのできちんと支払いましょう。

しかし、明らかにTVなどを持っていないのにあなたの自宅に集金人が来た場合は、きっと役に立つかと思います。

スポンサーリンク