世界最高齢の人物が病死。寿命はもっと伸びる?

年々男女ともに平均寿命が伸びていっていますが、日本ではなくインドネシアで、世界最高齢の男性が病死したそうです。

その年齢は…?


スポンサーリンク

146歳で死去

146歳って!

日本男性の平均寿命の倍近いですね!

男性の名前はソディメジョさん。

2017年4月30日に自宅で亡くなったそうです。

晩年は歩行が困難だったがヘビースモーカーで、死去する1か月前まで病気知らずだったそうです。

健康でそこまで生きられたら、人生きっと楽しいだろうなぁ、と思っていたら、ソディメジョさんは、10人の子供と4人の妻に先立たれて、24年前から墓を用意して「死ぬことが願い」と語っていたそうです。

これは、悲しいですね。。

健康の秘訣は「忍耐と感謝。愛する人がいたから、世話をしてくれる人がいたから、長生きできた」と語っています。

忍耐、と話しているところが、重みを感じます。

自分の親しい人たちがいなくなっていく恐怖というものは、この人にしかわからないものがあったでしょう。

スポンサーリンク

2017年日本最高齢は116歳!

気になってくるのは日本の最高齢は?というところですが。。

こちらは、現在116歳の鹿児島県在住の女性、田島ナビさんです。

アジアにおいて唯一の19世紀生まれの人物だそうで、日本では4番目に長生きしています。

ちなみに、1900年、明治33年生まれということなので、以下の主な出来事があります。

・第10代内閣総理大臣に伊藤博文が就任
・第2回夏季五輪パリをフランスで開催
・アメリカ合衆国でハワイ基本法施行
参照URL:https://haya-mi.net/1900/event/1

伊藤博文とか…モロに歴史上の人物って感じですね。

オリンピックも2020年東京開催で23回目になるので、時代を感じられますね。

不老不死も夢ではない!?


参照元URL:https://pixabay.com/ja/%E7%9F%A2%E5%8D%B0-%E5%A4%89%E6%9B%B4-%E4%BA%BA-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E4%BA%BA%E9%96%93-%E5%9C%B0%E5%8C%BA-%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96-945260/

科学の進歩で、様々な不老不死の研究が行われているようです。

実は長生きどころか、不老不死を実現しかねない若返りの薬が開発中なのです。ハーバード大学のデビッド・シンクレア教授はマウスにある物質を投与することで細胞の活性化に成功しました。この効果を人間に当てはめると、60歳から20歳に若返ったのと同等だということです。
参照元URL:http://president.jp/articles/-/14261

こういう実験に出てくるのはマウスちゃんが定番ですね。。
これが、人間にも当てはまると、確かに不老不死が実現できそうですね!

他にも、グーグルの技術部門のディレクター、レイ・カーツワイル氏によれば、2030年までには無数の超小型ロボット、つまりはナノマシンが登場して、このナノマシンが血流に乗って人体に行き渡って分子レベルで健康を維持してくれるようなことも可能になってくるそうです。

血流に乗ってというこなので、極小なのでしょうが…個人的にはそこまで効果が期待できるというのがイメージできません。。

血管詰まったりして危ないんじゃないかとか考えてしまいますww

最後に、もうSFの世界の話になってしまいますが、半分人体を機械化してしまうというものです。

すでに実現しているものであれば、3Dプリンターで腎臓や肝臓を作り出すことで、死にかけた人がいれば、新しい臓器が「食塩冷水蘇生法」(cold saline resuscitation)と呼ばれる手法で移植されます。

ロシアでは、「人造人間」の開発に取り組んでいるプロジェクトがあって、最終的に、外科手術をすることなく、脳の情報をロボットに移す技術,を検討中だそうです。

もう、映画「マトリックス」の世界ですね。。

人間が想像できることはそれに近いものは現実化できるということなのでしょうか?

今までに挙げた技術はどれも実現可能に思えて、寿命は確かに伸びていくかもしれませんね。

スポンサーリンク