「頼んでいない」常盤海斗容疑者ら飲酒運転の死亡事故の同乗者逮捕。

神奈川県大井町で飲酒運転をしていた車がパトカーに追われ信号無視。乗用車に激突。運転手が死亡する事故がありました。

同乗者は運転手が飲酒していたことを知っていたとして警察は逮捕に踏み切りました。

運転手に運転を要求したかが焦点になりそうです…


スポンサーリンク

事故の概要

この事故は、2017年12月15日、飲酒運転のワゴン車が、信号無視をして乗用車に衝突し、乗用車を運転していた武松 泉さん(63)が死亡したもの。

ワゴン車を運転していた大木 司被告(20)は、危険運転致死などの疑いで、すでに逮捕・起訴されているが、警察は、大木被告が酒を飲んでいることを知りながら車に乗ったとして、元消防士の常盤海斗容疑者(21)ら4人を逮捕した。
引用:FNN

とんでもない事故ですね。

詳細は後述しますが、「何故パトカーに追われて停止しなかった?」という疑問に関して、運転していた大木司被告は「飲酒運転で捕まりたくなかった」と供述していて容疑を認めています。

しかし、同乗していた他の容疑者らは次のように容疑を一部否定しています。

調べに対し、4人は「酒を飲んだ車に乗ったことは間違いないが、送ってくれなどとは頼んでいない」と、容疑を一部否認している。
引用:FNN

追記
大木被告ら計7人は南足柄市内の飲食店で3時間ほど飲酒していたこと。そして、次の飲食店へ行こうとしたことがわかりました。

事故の詳細

事故の流れは次の通りです。

追記
飲食店で飲酒。そして、次の飲食店へ向かって車で運転。

1.遮断器の下りた小田急線の踏み切りを無視して通過。


出典:TBSNEWS

2.1によりパトカーが追跡。


出典:TBSNEWS

3.その後、赤信号の交差点へ時速100kmで侵入して武松さんの乗用車に衝突。


出典:TBSNEWS

追記
何と常盤容疑者ら4人は現場を立ち去っていたことがわかりました。その他に現場にとどまった2人もいたそうですが、警察は同乗していた容疑で書類送検するとのこと。

スポンサーリンク

同乗者らは運転手の飲酒を知っていたが、運転の要求はしていない

道路交通法の「酒気帯び運転等の禁止」では次のように定められています。

第65条 第4項
何人も、車両(トロリーバス及び道路運送法第二条第三項に規定する旅客自動車運送事業(以下単に「旅客自動車運送事業」という。)の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政令で定める自動車を除く。以下この項、第117条の2の2第6号及び第117条の3の2第3号において同じ。)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運送して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第1項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。
引用:警察庁

ここで重要になってくるのは次の2点かと考えられます。

1.同乗者が運転手の飲酒を知っていた。

2.運転手に運送の要求をした。


出典:TBSNEWS

1点目、報道によると知っていたと話しています。
追記
全員飲食店で飲酒していたことが分かりました。

2点目、同乗者4人は「送ってくれなどとは頼んでいない」と話しています。

2つとも該当しなければ、罪に問われないかと考えられます。しかし、飲酒していたことも分かったので、それはないでしょう。

全員で飲酒をしていたにも関わらず頼んでいない、というのは通らないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

容疑者らの顔画像は?

容疑者らの顔写真はコチラ。


出典:TBSNEWS

常盤海斗(ときわかいと)容疑者(21)


出典:TBSNEWS

左から湯山宏人(ゆやまひろと)容疑者(21)、田中麗(たなかれい)容疑者(21)、井上夕夏(いのうえゆうか)容疑者(21)

同乗者の関係は公表されていません。

ネットの反応

こんな車に突っ込んでこられるのはたまったもんじゃないな。
赤信号無視して突っ込んでくるやつは、無差別殺人の扱いでもいいんじゃないか。
引用:YAHOO!ニュース

未だ飲酒運転が無くならないって悲しいですね。取り返しつかない事になってから後悔したって遅い。
きちんと反省して欲しいですね。
引用:YAHOO!ニュース

結局多少法律を厳しくしたところで変わらないって事ですね。あくまでも個人の理性の問題。
酒気帯びの場合はエンジンが始動しない様なシステムを早急に開発、設置する必要がありそうですね。人身事故を起こした場合も同様に、というよりも免許証と事故・違反歴を認証するシステムを作るべきでしょう。
引用:YAHOO!ニュース

毎回思うけど飲酒での死亡事故は殺人罪、飲酒は殺人未遂位にしないと無くならないと思います。
引用:YAHOO!ニュース

「悲しい」という声もありましたが、どうすれば飲酒運転による事故がなくなるのかという意見が多くありました。

1つ目は今よりも罪を重くすること。

2つ目は飲酒していた場合、車が運転できないような作りにすること。

罪を今よりも重くしても飲酒時は冷静な判断ができなくなっていることから有効な手立てではないように思えます。

実現可能で普及が難しくないのであれば、飲酒時は車が走らないような作りになっていたほうが安全ではないでしょうか。

自身もしくは周りが飲酒していた場合は十分に気をつけないといけませんね。

スポンサーリンク