トータス×林檎の初コラボ新曲発表!舞台は○○

ますます大人の魅力に磨きがかかっている椎名林檎さんが、ウルフルズのボーカル、トータス松本さんと新曲目抜き通り」を配信開始しました。
今回の新曲は新たにオープンしたある商業施設のテーマ曲なのです…!


スポンサーリンク

GINZA SIX

新曲のタイトルは「GINZA SIX」です!

2017年4月20日に銀座にオープンする商業施設「GINZA SIX」より、椎名林檎さんへテーマ曲作成の依頼があり、さらに、かねてより共演を求めていたトータス松本さんとのコラボが実現しました!

元はCMソングとして作成された曲だったようですが、完成度が高く、配信することになったようです。

眩さと儚さが入り混じった感じで、椎名林檎さんらしい曲だと思います!

20代の頃の夢がかなった

「目抜き通り」が作成されるにいたったスペシャルインタビュー映像も配信されています。

その中で、林檎さんは松本さんと共演するのが夢だったと話しており、松本さんとの共演が決まってから書き下ろしたと話しています。

それほど、今回の「銀座」というテーマに林檎さんの中でピッタリな存在だったということなのでしょう!

松本さんも、林檎さんとの共演を待っていた!と話していますが、大分シャイな性格なようで、自分から言えなかったようです笑

スポンサーリンク

オリンピックの監督などマルチに活躍

最近の椎名林檎さんは歌手活動よりも、あの安倍首相がマリオのコスプレで登場して話題になったリオオリンピックの音楽監修が私個人の中には印象に残っています。

あの、クオリティの高さ、演出に感動して興奮したは多かったのではないでしょうか?

2020年開催の東京オリンピックもそのままやってほしい!というネットの声もたくさんあるので、もしかすると、また、演出を楽しめるかもしれませんね…!

そんな椎名林檎さんの夢は「キャバレー」経営だそうで、TV番組「LIVE MONSTER」にて「オリンピックまでにキャバレーを作りたいんですよね」と語っています。

めちゃくちゃしっくりきますよね!

林檎さんが醸し出す多幸感的な雰囲気にぴったりです。

GINZA SIXってどんな施設なの?


曲名が「目抜き通り」の通り、中心的であること、を指すように、銀座の中心地にあります。

銀座では初めて観光バスの乗降所があって、外からの観光客を受け入れやすくしているそうです。

地上13階・地下6階からなっていて、地下2階はフード、地下1階はビューティ、1階~5階にかけてファッションとライフスタイル、そして6階、13階はカフェ・レストランで構成されています。

その中での最大の特徴は、ブランドの出店数と、その半数以上がここをフラッグシップ、つまりは、とりわけ力を注いでいる店舗になっているということです。

GINZA SIX限定の特別商品も販売されるそうです!

コンセプトは「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」だそうで、そのコンセプトの通り、サービスからすべてレベルの高いものを提供しようとする姿勢が現れていると思います。

グルメの方も豪華で充実していて、特に注目のお店は各国からのオファーがたえないというオーストラリアのスターシェフ「ルーク・マンガン」がいる「Salt grill & tapas bar by Luke Mangan」です!

日本初上陸で、世界中のセレブを魅了した創作料理が楽しめます!

映画「ローガン」のPRのため、来日しているヒュージャックマンもGINZA SIXへ足を運んでいます。
ヒュー・ジャックマンといえば「X-メン」のウルヴァリン役で有名ですが、「ローガン」はそのウルヴァリンが主役の映画となっています。

海外の観光客にも人気の銀座。

東京オリンピックの際にもGINZA SIXは注目の施設でしょう!

スポンサーリンク