横浜スパークリングトワイライト花火大会2018日程・有料席・穴場スポットは?


2017年度は60万人もの人が訪れたという「横浜スパークリングトワイライト」の花火大会。

2018年度の花火大会についての詳細から、ゆったりと楽しみたい方向けの有料席情報、山下公園以外のメジャースポットから穴場スポットをお届けします!


スポンサーリンク

横浜スパークリングトワイライト2018花火大会の詳細

開催日時

2018年7月14日(土)15日(日)19:30~20:00

※雨天時中止。
(当日開催可否の確認電話番号:0180-99-1818)

開催場所

山下公園及びその周辺・公園前海上となっています。

電車からのアクセス

みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩約3分
みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩約5分
横浜市営地下鉄ブルーライン・JR 根岸線「関内駅」より徒歩約20分
JR 根岸線「石川町駅」より徒歩約15分
引用:y-artist.co.jp

交通規制


※2017年に規制された範囲です。

2017年度は1日だけ13:30~16:00まで交通規制が実施されました。

このように当日は混雑しますのでお早めの到着、もしくは後述する有料席で楽しみましょう!

周辺駐車場

混雑が予想されますが周辺の駐車場箇所です。

スポンサーリンク

チケットを取って有料席で楽しみましょう!


「場所取りを気にせず、ゆったりと間近で花火を楽しみたい!」というそんなアナタは「大さん橋」の有料席がオススメです!

チケット種別 金額
屋上(自由席) 1,000円
岸壁 三脚使用 カメラスペース 4,000円
岸壁 ペア席 5,000円 ※2名分
岸壁 テーブル席 3,000円 ※1名分
岸壁テーブル席ディナーBOX付 6,250円 ※1名分
ターミナルテラスVIP席ディナーB付 10,000円 ※1名分

14,15日ともに同じお値段となっています。
開場が16:00。開演は19:30。

チケットのお求めはコチラから!
チケットぴあ

穴場スポットは?

山下公園

本家本元の開催地です。
素直に早く行って楽しみましょう!

ただし、場所取りは16:00からしかできません。

万全を期すのであれば16:00に行って場所を確保してから、腹ごしらえなりなんなりしに行きましょう♪

赤レンガ倉庫

大さん橋の後方にある赤レンガ倉庫。人はそれなりにいます。
広々としているので座って観ることができます。少し離れていても構わないという方にオススメ。

港の見える丘公園

THE 穴場です。ムードも○
問題は公園内が広くて初見だと迷う恐れがあることと、花火の場所から離れていることでしょうか。

横浜マリンタワー


出典:ポケカル

山下公園の目と鼻の先の地上106mにも及ぶ横浜マリンタワー。

展望フロアからの観覧はいかがでしょうか?

入場料金は以下の通りです。

区分 金額
大人 750円
中高生 500円
小学生 250円
幼児 200円
3歳未満 無料

まとめ

いかがでしたか?

お金に余裕があるのであれば有料席をオススメします。
スマートに花火を観覧することができます。

もちろんいくつか挙げたスポットでワイワイ楽しむのも良いでしょう♪

帰りは最寄り駅が混雑します。
待つのがイヤという方は「日の出町駅」まで歩いていって乗ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク